Interview

理系・文系に次ぐ第三勢力。芸術系ITインフラエンジニアの可能性

interview_thumbnail

「ずっと芸術の世界で生きていたから、好きなことで食べていくのがどれだけ大変なのか私にはよくわかります」

小さな声でしたが、フルノさんからは強い意志を感じました。

みなさん、こんにちは。

今回で第13期生最後の方となりました。

彼女は、前回までの第13期生のお二人とは少し異なります。

というのも、フルノさんは高校から大学卒業までの7年間を芸術科で過ごしてきました。

大学ではアートとデザインの両方を学びつつ、洋服の制作をしていたと言います。

入学試験や卒業試験は制作物や面接が基本で、そのためにもフルノさんは手を動かし続けたそうです。

そしてそれが意味するのは、前回のノナカさんのように「勉強から遠ざかっていた」とはまた違うということです。

彼女は、「私はこれまでほとんど勉強というものをしたことがない」という経験の差を持っていました。

エンアカデミー生 フルノ

2015年11月入社 第13期生
神奈川県横浜市出身 23歳
現職種:エンアカデミー生
現勤務地:エンアカデミー

古野さんUP

Q1 芸術学科だったというフルノさん、これまでどんなことを学んできたのでしょうか

大学ではアートとデザインを通して洋服作りをする学科にいました。
アートは自己表現、デザインは誰かのために作る・・・という意味があります。
私の学科は、そのどちらを中心に学びたいかに合わせてコースを選びました。
私自身は、ファッションショーや”シルクスクリーン”という技術を学んでいました。

Q2 芸術学科からITインフラエンジニアへ就職ですが、きっかけはなんだったのでしょうか

きっかけは人材会社に相談したところからです。
もちろん、最初はデザイン系の仕事につきたかったですが、あの仕事はよっぽど力がないとできないんです。
それに、卒業制作に追われて就活ができなかったこともあって、卒業後は就職しませんでした。
卒業してからは販売職としてバイトをしていたのですが、自分の中で徐々に何か違うなあって思い出したんです。
(そう思いながら)このままずっとやっていても、自分にとってはプラスにならないような気がしたんですよね。
店長になることはできても、企画のような仕事はできないよと言われたのもあります。
それでその時に、私にはやりたいことが何もないって気づいてしまったんですよね。
人材会社に相談したときは、「何がしたいか?」を問われました。
今までの生き方を考えたりしてみて、私が本当にしたいことは手を動かしたり、コツコツものをつくることだとわかりました。
それから、私自身のスキルで働きたいとも思っていました。
その軸が重なって、ITインフラエンジニアを紹介されました。

Q3 「勉強というものをしたことがない」とのことですが、資格勉強の感想はどうでしょうか

感想

これまで勉強をしなさすぎたので、「勉強の仕方」がわからなかったです。
私は大学受験にも勉強の科目はなかったんです。AO入試で、しゃべって自分で作った服を着るだけでした。
なので勉強ってなんだ、ってまだそんな感じです。
自分に合った勉強法さえもわからないんですよね。
あ、ただ、ICNDは面白かったですよ!
特に手を動かすのが好きなので、コマンドを打つ作業が楽しかったです(笑)
授業自体はついていくのが精一杯ですけど・・・。必ず身になると思ってやってます。

勉強への抵抗はありましたか

ありました(笑)めちゃくちゃ(笑)
勉強内容も全然違うし、今まで好きなことだけをやってきたっていうのが大きいですね。
でも、やっていくしかないんですよ。仕事は仕事って割り切ってもいいと思うんです。
好きなことに全力で取り組んでるときは忘れられますし。
だから私はやっていくつもりです、なんでも(笑)

それに、芸術系に生きていたから、好きなことだけをして食べていけないのはよくわかってます。
仕事として、ちゃんと生活していければいいんです。
たとえ苦しくても、(生きるには)やるしかないんですよね。

Q4 今後入社される皆さんに一言

この職種って難しいイメージですけど、意外と身近に関係していることを扱っているんだって知って欲しいですかね。
PCやスマホだったり、普段から使っているようなものに関われる人物になれるのってすごく面白いのかなあと思います。
でも、私からすれば勉強がきついってことは確かですけど(笑)
私は勉強は苦手ですが、私は向き合ったことでやってみようっていう勇気とか勢いとかが少し生まれました。
だからそういうちょっとのことで、いくらでも(生き方は)変えられるんじゃないかな?って思います!

おわりに

いかがでしたでしょうか。

芸術というシビアな世界にいたフルノさんだからこそ言えるお話がたくさんありましたね!

「好きなことだけで食べてはいけないから、苦しくてもやっていくんだ」という姿勢には、個人的にとても共感しました。

この考え方、社会で働くことに不安を抱えているときにも必要じゃないかなあって思うんです。

3年以内に退職してしまう若手の理由に「自分がやりたいのはこんな仕事じゃなかった」という項目があるそうです。

どんな分野にしたって、「とにかく今はここでやっていくんだ」って心構えがあったほうが、うまくいきそうですよね。

それに、芸術系とITインフラエンジニアではパッと見関係ないように思いますが、フルノさんもおっしゃっていた通り、

「手を動かす」「コツコツすすめる」など、共通点は案外あるものです。

『勉強は苦手だから、私には無理だ』とフルノさんが決めつけていたら、彼女はきっとここにいません、。

これまでの人生で経験したことのない分野に飛び込むということは、それまで絶対に得られない経験を掴めるチャンスにもなることでしょう。

それに気づくか気づかないかは、いつだってあなた次第です。

わたしの力で、戦いたい。

こんな人集まれ!


転職、フリーター、第二新卒、資格がほしい、上京したい・・・新しいことに挑戦したい方を募集しています!

こんなスキルが身につく!


CCNA、LPICなど資格はもちろん、
ITインフラエンジニアという仕事を通じて、コミュニケーション能力やITインフラに関する幅広い知識、
自身が成長していくために必要な考え方や力が身につきます!

こんなメリットが!


エンアカデミーでは資格取得を目指しながらお給料がもらえる!
地方からでも安心の寮完備、昼食はエンアカデミーで調理するのでお金はかかりません!
さらに資格研修後、ITインフラエンジニアとしてエンライズコーポレーションにそのまま入社!!
短期間でプロのITインフラエンジニアに成長できます!

PCスクールとの違い!


エンアカデミーでは資料ベースや講師における学習、指導だけでなく、
実際に現場で業務をしている先輩方からのアドバイス、実機を用いた実務レベルまで学ぶことが可能です!

エンアカデミーでは多くの採用実績があります。


----------------------
高卒
短大卒
専門卒
大卒
大学院卒
第二新卒
既卒
-----------------------

説明会エントリー